鱸道

2015年01月

とかタイトル付けたけど青物プラッキングをメインゲームに考えてたんやけどね・・・ボソ

この日の予報は南の風1m後2m、波高0.5mのベッタベタ。

決してヒラスズキ日和とは言えない日でも、1日でいちばん食い気の立つ朝マズメは外せんでしょ〜!

状況的には上げの潮がガンガン走るタイミング。

その込み潮が激流と化す水道に点在する瀬のギリギリに鉄板バイブをダウンに入れ、テンション掛けたまま激流を利用しドリフトで瀬際を流すとバイトが出たが、これはのらず。

そのままスラッグを取り、再びテンションフォールでドッスン!!!と連続バイト!

P1250200_2

激流の中でのガチンコファイトなもんだからハンパなく引いたね〜

P1250212

サイズもまずまずやし、この時期らしいずっしりウエイト乗った良か抱卵魚。

さらにショアラインには、周りに居た餌釣りのおっちゃん達の撒き餌効果も手伝って?食べ頃サイズのキビナゴがゾロソロ・・・

P1250216

チャンスタイム到来!

すぐにタックルを持ち替え青物誘い出し・・・

してみるけど一向に反応なし!

何かに怯える気配も追われる気配もなく悠々と泳ぐキビナゴちゃん達・・・。

今回も青物は居なかった!という事で。笑



Tackle Data
ロッド LUXXE SALTAGE CHEETAH-RR 110H
リール 09 TWINPOWER SW4000XG
ルアー BIG BACKER 80

新年の挨拶も兼ね、彼女の実家に行く予定だったたので、お土産の寒鰤を狩りに磯へと向かった先週末。

いざ山を下ってみると予想外の荒れ模様・・・

P1100128
 
こんな時に限って御ヒラ様も不在なんよね・・・

手ぶらで帰る獣道は一段と過酷よ。泣


じゃあシーバスでも・・・と帰り道河川に寄って今年最初のチーバスゲット!

P1100139

潮位が下がるまで待ち、ウエーディングで橋脚周りを攻めてちょっとサイズアップ〜

P1110155

ぐっとレンジを下げボトムを転がし60前半が今日イチ!

P1110172

その後もやっぱりボトムの反応が良く、小型バイブで同じようなサイズ2本追加したところで終了。

P1110186

癒しのシーバスタイムに感謝な週末でした。



Tackle Data
ロッド VARIANT REXEATER9.9
リール 13 CERTATE 2510PE-H
ルアー SURFACE WING 95F
      S-four PLUS 100
      TRAVIS 7
      KICKBEAT 55 

重々しいバイトが伝わると同時にティップが絞り込まれた。

ひと呼吸置いて大きくフックアップを入れると良い手応え、だが走らない。 

すぐにピンときた。

やっぱりね・・・。

残念ながら最終日のドラマはオオニベではなく、筋肉ムキムキな寒鮃でした。

P1050117
P1050121

でもいいのだ!

全力で投げ倒した9日間、オオニベには出会えなかったが今シーズンの遠征で得たものは大きく、昨年よりまた一歩オオニベに近付た気がする。

そして更にオオニベ熱に火がついたよ。

「ヒラメのお土産ありがとう、また来シーズンにチャレンジさせちくり」と日向灘に一礼し、宮崎を後にした。

P1050126

あ!また今年もチキン南蛮食い損ねちょる・・・



Tackle Data
ロッド LUXXE SALTAGE CHEETAH-RR 110MH
リール 09 TWINPOWER SW4000XG
ルアー morethan REAL STEEL TG

2015年01月04日(日)
大潮
満潮 06:13 / 17:23
干潮 11:44 / --:--

朝マズメの混雑を読んで北のサーフに入ったが生命感なく、早々に移動を決断し昨日のサーフに下った。

ジグと鉄板バイブをローテーションしながらセカンドブレイクまでフルキャストで飛ばし、グチを探す連日と同じ作業を繰り返す。

するとジグのフォール中に待望のバイト!

だが、軽い。

犯人は南国宮崎らしいメッキ

P1040078

もう明らかに違う潮が入ってるよね。

正午前には殆どのポイントが空くので、ランガンしながら見掛けた拾えるゴミは一緒に拾っていく。

P1040084

こういう事言えた立場じゃないけど、アングラーが増えるに比例してどうしてもマナー違反が目立ってくるようになるよね・・・

これなんか呆れて笑ったよ。

P1040086

ウミガメ保護の為、車でのサーフ侵入禁止を促す看板があるのにも関わらず侵入し、スリップして動けなくなった車。

自業自得やね。

こうやって広大なサーフを歩いていると改めて環境問題について考えさせられたり、ヒントを貰える良いきっかけになった。


話は戻り、ランガンを繰り返す中再びメッキ

P1040087

沖で沸くナブラを追っかけてみたらサゴシなんだな・・・

P1040093

いつの間にか西日が海をオレンジ色に染め、今日もダメか・・・と思ったその時、グチが掛かった!

P1040098

恐らくこれがラストチャンスと自分に言い聞かせ、集中力MAXでキャストに意気込むも、隣に居たおっちゃん御一行がグチをスレ掛けしようとガシャガシャ強引にシャクって無状にも群れはすぐに散ってしまった。

グチはとっても臆病な魚なんだってばよ、おっちゃん・・・。泣


そうして迎えた最終日

2015年01月05日(月)
大潮
満潮 06:46 / 18:00
干潮 00:06 / 12:20

P1050100

今日から仕事始めの人が多いのか連日の込み具合から一転、ガラガラなサーフ。

朝から気合いを入れ叩いて回り、下潮5分グチに当たる感触を得る。

しかし群れは遠く、しかも小さい群れのようで10投に1回当たるか当たらないか。

それでも可能性を信じドキドキと鼓動が早まる中キャストを繰り返していると・・・

ゴチン!!!


宮崎オオニベ遠征 2015 ⑥に続く



Tackle Data
ロッド LUXXE SALTAGE CHEETAH-RR 110MH
リール 09 TWINPOWER SW4000XG
ルアー FALLTEN 40g

遂にニベか!?

ずっしりとした重量感。

ドラグを1メートルほど出されたものの、相手の動きが止まるとロッドパワーで一気に寄せにかかる。

寄せ波で一気にズリ上げ、波打ち際から姿を現したのは・・・

デブデブヒラメ!

P1020073

(コンデジをOLYMPUSのSTYLUS TG-850 Toughに買い換えたからセルフ撮影がラクラク良い感じ〜♪)

P1020072

この肉厚は座布団というよりもう枕。笑

P1020056

それもそのはず、次から次にグチ吐き出してんの。

P1020055

外道やけど、しばらく魚らしい魚に出会えてなかったけん素直に嬉しい1枚でした。

その後もグチの群れは接岸を繰り返すが、オオニベのバイトを引き出せず敢え無く日没・・・


2015年01月03日(土)
中潮
満潮 05:36 / 16:43
干潮 11:04 / 23:30

P1030075

感動すら覚える日向灘の日の出。

この景色は釣り人の特権だ。

翌朝、サーフは更に多くのアングラーで賑わい超満員。

情報収集を兼ね朝から入りたかったが、仕方なくこの時間帯を外し朝マズメメンバーが心折れる頃、上げ始めからエントリー。

開始早々グチの群れを見付けたが、群れもサイズもあきらかに小さい。

P1030077

一時コノシロの接岸で青物のナブラが沸いたりしたけど、何だか昨日までとは違う潮が入ってきたような印象。

この日も日暮れまで叩いてまわるがノーバイトに終わり、そろそろ焦りが出始める。


宮崎オオニベ遠征 2015 ⑤に続く



Tackle Data
ロッド LUXXE SALTAGE CHEETAH-RR 110MH
リール 09 TWINPOWER SW4000XG
ルアー morethan REAL STEEL 35

このページのトップヘ