鱸道

2016年11月

この日は橋脚メインのプランで入水。

川の流れと同調した下りの強い潮が走り雰囲気は良い感じやけど、ベイトの気配は皆無・・・

一先ず教科書通り上からレンジを刻んでいくが、バイブですら反応無し。

そこでバイブより遅いフォールでじっくり誘える小粒のエアオグルを投入。

橋脚のエッジを舐めるようにネチネチとリフト & フォールで暗部の奥へ奥へと流し込むと

カツン!

と待望のバイト出たけれども・・・

スルスル寄ってくるセイゴちゃん(笑)

PB050011

オグル丸呑みです(笑)

因みにこのオグル、9月に安藤さんとご一緒させてもらった時に頂いたものなんですが、今となっては中々手に入らん激レアSSPモデル

再販して欲しいシリーズのひとつです。


そんでオグルがハマるのかと思いきやそれっきり音沙汰なく限界潮位が近付き、オープンシャローに移動

ブルスコツーで扇状に広く探って

PB050014

マゴチを追加し、無念のタイムアップ・・・

こっちは次の潮に期待やねぇ・・・



Tackle Data
Rod : Shibumi IS-90ML
Reel : 13 CERTATE 2510PE-H
Lure : Air OGRE 70 SSP
          BLUES CODE II 110 

またもやブッリブリのゴンザレス乱舞〜(笑)

PA310232

世間からは何かと問題視され易くワルモンのイメージつけられがちやけど、シーバス同様いちばん身近で子供の頃から大好きな魚。

密かにマイレコードの更新狙っとる(笑)

PA310220




Tackle Data
Rod : VARIANT REXEATER 9.9
Reel : 12 Vanquish 4000XG  
Lure : NOVA LANDRAGO 120F 

ぐっと冷え込んだ朝に、目の覚める一発!

PA300213

思惑通り、まんまと急流のヨレから飛び出してくれた奇麗なシーバスでした〜

PA300202



Tackle Data
Rod : VARIANT REXEATER 9.9
Reel : 12 Vanquish 4000XG  
Lure : NOVA LANDRAGO 120F 

このページのトップヘ