鱸道

2017年02月

至るところで歓声と拍手が上がった三ヶ日

今朝も地元・遠征組問わず、多くのアングラーでごった返していた。


2017年01月04日(水)
小潮
満潮 10:25 / 22:02
干潮 03:36 / 17:24


通勤時間が同じ三好さんと駐車場でお会いし、一緒にサーフへ

P1040147

ベイトはまだ健在で雰囲気も満点

しかし、ヒラメは周りでもポロポロ上がっているものの

P1040148

(北九州の塚本さん)

午前中、本命は北で中ニベが1本上がったのみ・・・


午後を回り、再び密度濃いめのベイト接岸で僕もえんがわゲット ♪

P1040153

旬の高級魚、最終日に釣れてくれ(笑)

P1040154

この日はすれ違う人みんなヒラメぶら下げてて、ヒラメ祭りになっちょったね(笑)

夕方の納竿間際に南で120オーバーが出たらしいが翌日に期待し、竿を畳んだ。



2017年01月05日(木)
小潮
満潮 11:14 / 23:20
干潮 04:23 / 17:24

P1050158

今日は徐々に波が上がる予報なので、勝負は恐らく午前中までとなる。

そのためかアングラーも連日の半分。

三好さんと塚本さんが先にポイントに入られており、状況を聞くとまだ生命感は無いとのこと。

波と強い横潮が走り超やり辛いけど、水色は思いの外良い。

陽が上がると予想通りベイトの接岸が始まり、塚本さんに良型ヒラメがヒット!

P1050162

塚本さんは今日が遠征最終日ということでしたが、最後にえんがわのお土産羨ましい限りです・・・

続けて隣のアングラーがメーター弱のオオニベを掛けていた。


それから暫くして、南のポイントで三好さんと鶴田さんがダブルでキャッチされたと聞き、祝福に向かう。

残念ながら魚はもう埋めてしまった後でブツ持ち写真はありませんが、お二人とも流石のメーター超え!

16832801_1660322100935483_398154215_o

(塚本さん提供)

おめでとうございます!


そして午後に近づくにつれ予報通り北風、波ともに上がり釣りにならず・・・

P1050163

昼食を取って昼寝してから夕マズメ、河口絡みのポイントに砂ヒラでもと向かったが爆風でどうにもならん状況

風さえ弱まれば何とかなりそうなんやけど、明日は無理かな・・・



2017年01月06日(金)
小潮
満潮 12:15 / --:--
干潮 05:23 / 17:25

朝から小粒の雨が降り、ガラ〜ンとしたサーフに激しく打ち付ける波・・・

P1060173

明日から更に時化るとの予報で本来なら日曜までの遠征予定でしたが、2日早く切り上げて帰ることを決断・・・

泣く泣く自宅を目指し北上していると、思いの外こっちは晴れちょんし(笑)

何箇所かポイントを寄り道しながら車を走らせていると、サーフに隣接する河口が何やら騒がしい。

P1060180

車を止め近くまで行ってみたら、おっちゃん達が並んでカマスを爆ってる!

僕もお土産に釣って帰ろうとカマゲーに参戦すると

P1060177

ワンキャストワンカマス(笑)

食べる分だけキープして暫く遊んで帰りましたとさ。

P1060182

う〜ん、〆がカマスって・・・超微妙(笑)

そんなこんなでカマカマのお土産を確保し、宮崎オオニベ遠征 2017は一旦幕を下ろした。


宮崎オオニベ遠征 2017 ④に続く



Tackle Data
Rod : VARIANT REXEATER 9.9
Reel : 09 TWINPOWER SW4000XG
Lure : 熱砂 SPIN BEAM 32g
          BIG BACKER 80
          BUNGY SHOT 40g
          SEIRYU HYPER 40g

新年早々、異例のオオニベラッシュに湧いた宮崎サーフ

自ずと朝からモチベーション高まる中、夜明け前に到着。


2017年01月03日(火)
中潮
満潮 09:43 / 21:06
干潮 02:56 / 17:23


駐車場は昨日を更に上回る車でごった返していたが、なんとか駐車スペースを確保。

準備を進めていると三好さんの姿を見掛け、挨拶を交わし昨日の状況を話しながら一緒にポイントへと向かう。

「てげ人おるがや〜」と三好さんの言葉通り、防潮堤からサーフを見下ろすと薄暗い中でも既に100人は並んでるのがわかる・・・

まあ、明るくなるまで様子見ながら空いたとこに入ろう・・・と暫く伺っていると何処かで見たことある後姿

昨晩、ひろくん達から「コテちゃんが明日南下するみたいです」と聞いていたのでもしやと思い声を掛けに行くと、やっぱりコテちゃんでケンさんも一緒にいらしてました。

久しぶりの再会に暫し立ち話、日が昇りきった頃僕は南のポイントへ

その移動中、早くも三好さんと山中くんがヒットしたとの情報が入りポイントに急ぐと、魚は既に埋めてしまった後で写真は撮れなかったが、三好さんは初釣りで!山中くんは二日連続!メーターオーバーをキャッチされたようです。

祝福の言葉を掛け、更にやる気満々!

ベイトはだいぶ散ってしまったようだが、また必ず回遊してくるはず・・・

そう信じて一心不乱にキャストを繰り返し、ボトムを丁寧に探っているとフォール中に

ガツン!!

と明確なバイト

すかさず渾身のアワセを入れ、ドラグが鳴り響くと同時に

ガッ!ガッ!

っとオオニベ特有の叩きが入る。

「本命やっ!」

すぐに沖を確認(笑)

「海賊船無しっ!」

そして周りにヒットを知らせると「やったが〜!」とすぐに三好さんと古川さんが駆け付けて下さった。

でも、明らかに前回掛けたヤツとはトルクが違う。

50m程でファーストランを止めることができ、メーターは無いと確信。

それでも「大事にね」と周りから声を掛けて頂き、ドラグを緩めてじっくりいなしながら至福のファイトを楽しむ。

しかしまあタフな魚

波打ち際の攻防の末、三好さんと古川さんがランディングに回って下さって遂に・・・

初ニベGET!!!

P1030068

周りに居た皆さんと喜びの握手を交わし、時間差で喜びがじわじわと湧いてきた。

思えば2014年の冬、この魚を求めて宮崎サーフに通い始め

幾度となくホゲ散らかし・・・

サーフをさまよい歩き・・・

そして今シーズン数々のアドバイスを頂き、漸くスタートラインに立てた。

オオニベと呼ぶには全然足りんサイズですが、きっとひとりでは手にすることが出来なかった一尾

P1030065

ランディングして下さった三好さん、古川さん

わざわざ電話下さったヒデさん

そして祝福の言葉を掛けて下さった皆さん

本当にありがとうございました!


ヒットルアーは地元オオニベ師達も多く愛用する、シマノのスピンビーム

P1030062

フックはJUMPRIZE TREBLE MMH #4、リングはC'ultiva Sprit Ring Hyper Wire #3に強化済み。

鉄板バイブより飛距離を稼げるうえ、引き抵抗が軽く1日アクション付けて使っても疲れんし、ボトム取りも早いからベイトサーチにも最適っす。


それから暫くして北でも大分から来てるアングラーがキャッチしたと聞き、もしかしてと北へ向かうとやっぱり!

P1030078

ケンさんがやらかしてました(笑)

オオニベ初挑戦で130オーバーって・・・

ちょっと悔しいけど(笑)ケンさん本当におめでとうございます!


周りではまだ他のアングラーがグチを掛けていて時合いは継続中

僕もサイズアップ目指し入らしてもらうと、沖のブレイクでグチの群れが上ずっているのが見えた。

普段ボトムに居る魚が何かに怯え、海面付近まで追い詰められてる物々しい雰囲気に思わず息を飲む。

近くにいらした地元エキスパートのひとり、吉田さんも「グチがこんな浮いてるのは初めて見た」と仰しゃるくらいだったが、中々反応を得られずポイント移動を選択。

再び南へと移動していると

ん?

三好さんまた掛けてる〜(笑)

P1030083


テトラ帯を右へ左へ軽快に飛び回り、見事な竿捌きで

P1030084

138cm / 20kgオーバー

本日2本目、今期では4本目だそうでもう流石の一言です・・・(笑)

おめでとうございます!


午後になってもグチの群れはショアラインから離れることなく回遊を続けている。

そのグチを追ってヒラメもたくさん接岸しており、着水してすぐにヒットした食べ頃サイズの56cm

P1030092

続けて76cm、座布団クラス!

P1030126

これはこれで嬉し〜

P1030127

イェイ ♪

P1030130

夕方にかけて何だかヒラメ潮に変わった感じでしたが、周りも結構ヒラメ釣ってたみたいで

押川さんもしっかり良型をウッキッキー(笑)

P1030144

今日は念願の撮影会に参加でき(僕いちばんちっこいけど・・・ボソ)

15857520_673805969460077_624662167_o

(高妻さん提供)

オオニベ祭り2日目終了!

小黒さんから譲り受けたというオオニベ運搬ソリに乗せ

P1030141

車まで引きずって行く三好さんと山中くん

P1030146

ソリにこんな使い方があったとは・・・(笑)

小黒さん

Good Idea!


宮崎オオニベ遠征 2017 ③に続く



Tackle Data
Rod : VARIANT REXEATER 9.9
Reel : 09 TWINPOWER SW4000XG
Lure : 熱砂 SPIN BEAM 32g

このページのトップヘ