1月3日(金)中潮
波高1.5m
満潮 07:50 / 19:11
干潮 01:09 / 13:29


迎えた最終日。実釣2日目やけど。笑

佐伯チームから延岡サーフセッションを誘われていたが当初のスケジュールが狂った為、今回はお断りする形になった。(佐伯チームの皆さん、せっかくのお誘いすみませんでした。また次回参加させて下さい。)

そうまでもして此処でやりたかった理由があった。

この日は、少年のオオニベが脳裏から離れずなかなか寝付けずにいて、眠りも浅かったのかアラームセットの時間より1時間早く目が覚め、堪らず闇夜のサーフに立つ。

「今日こそは!」

CIMG3763

思わず息を呑むような美しい日向灘の日の出を前に今日も全力キャスト!

ファーストコンタクトはつぶらな瞳がなんとも愛らしい舌平目のスレ掛かり

CIMG3759

隣で投げていた地元アングラー曰く、舌平目が居る時は期待していい日らしい。

その言葉を信じてキャストを繰り返すも午前中はノーバイト。

昼食をファストフード店でさくっと済ませて、昨日と同じポイントに入り再びアメリカ大陸に向かってフルキャスト!

夕方のマズメ時、イワシ接岸の大チャンスが到来。

沖ではナブラが立ち、次々にイワシが波打ち際に打ち上げられてゆく。

CIMG3764

そんな状況にありながら僕を含め、周りの誰ひとりあたらない。笑

気が付けば辺りは闇に包まれ、冷たい雨が頬を打つ。

「これがオオニベ釣りか・・・」

そうして短いオオニベ遠征が幕を閉じた。

短い時間の中でも実際に立って自然の最先端を感じ取り、地元アングラーの方の話を聞いて、見て。

一歩オオニベに近付いた気もする。

もちろん来年もチャレンジするよ!

今度はタックル、そして体調万全でね。

CIMG3766



Tackle Data
ロッド VARIANT REXEATER9.9
リール 09 TWINPOWER SW4000XG
ルアー Rowdy130F