週末の時化を願ってたけど時化過ぎね。笑

自然のサイクルとなかなか噛み合ずムラムラ〜

そんな感じなので引き続き干潟をぶらぶら散策してたら久しぶりに太もも近くまでハマってしまった底無しトラップ。

干潟の三大恐怖と恐れられる「エイ」「込み潮の時合い」そして「底無しヘドロ」

あれって焦ってもがけばもがくほど周囲の泥が液状化してズブズブと埋まっていっちゃうんだよね。

対処法としては「水面走りの法則」の応用編で、片方の足が沈む前にもう片方の足を前に出せば泥の上だって走れるのだ(参考までに。爆)

干潟を歩く際は気を付けたいものです・・・。

最近は昼夜問わず、ぽつぽつ遊んでくれる干潟の魚たちに感謝!

CIMG3907
CIMG3913



Tackle Data
ロッド VARIANT REXEATER9.9
リール 13 CERTATE 2510PE-H
ルアー Varid 70
    FRANKY