活発な梅雨前線が北上し、雨に打たれ荒波にちびりながら久しぶりの時化の週末を楽しんだ。

CIMG4218 3

朝一の反応は薄く、北からの風が吹き付けだすと漸く捕食スイッチが入りボイルもちらほら。

なんでヒラスズキのボイルってあんなにも興奮するんやろうね。

そんな高活性な時でも一癖二癖ある奴らは表層でしか反応がなく、唯一無二「これはエサだペンシル」をちょんちょん流して連発!

CIMG4204
CIMG4200
CIMG4201
CIMG4203
CIMG4199

あんだけミノー投げてノーバイトだったのにトップにはバッコバコ水面割って出てくるからね。笑

ほんとヒラスズキはレンジにうるさい。

トップで叩き散らした後はシンペン表層引きをフォローに入れ、足下からパッコーン

CIMG4196
 
雨に滴る良い魚。

いつの間にか潮位は上がり、立ち位置が無くなる前にポイントを水道へと移動。

ここではしっかりとビッグセットを待って7、80m先の根周りを鉄板バイブで探っていくと答えはすぐに出た。

CIMG4224

飽きっぽい御ヒラ様にはカラーローテションの御気遣いで(笑)連発する!

CIMG4231
CIMG4232
CIMG4235

因みにIP-26のフックはSP-MH#5 or RB-MH#4がベストな感じがします。

でも何気なしに投入したPB-30は普段あまり使わないから標準フックのままで、そんな時に限ってランカーは現れるんよね。笑

CIMG4229

まあこういうの慣れてますけど。

結果的に今回もよくバラしまくったけど9本キャッチ

CIMG4242

久しぶりにひとりではしゃいだ磯の翌日は全身筋肉痛との戦いです・・・。



Tackle Data
ロッド LUXXE SALTAGE CHEETAH-RR 110H
リール 09 TWINPOWER SW4000XG
ルアー T.D.SALT PENCIL 11F
    VARIANT DRIFT PENCILE110
    IP-26