2015年01月01日(木)
若潮
満潮 03:52 / 15:07
干潮 09:15 / 22:03

2015年初日の出

P1010037

遠征折り返し日となる元旦。

未だ何の反応も得られず、4日間フルキャストを繰り返した体にはダメージが残る。

しかし海の様子はこれまでとは一変、沖ではナブラが立ち生命感に溢れ、セカンドブレイクにグチ(イシモチ)の群れの接岸!

P1010038

ここにきてようやく訪れたチャンスだったが、残念ながらオオニベの反応は得られなかった。

グチの群れを見失って一旦昼食にあがり、午後からサーフに戻るとそこにはオオニベを担いだおじさんの姿があり、俄然やる気に燃えたがおそらくヒラメであろうワンバイトのみで日没。

確実に状況は良くなってきていると明日に期待し就寝。


2015年01月02日(金)
中潮
満潮 04:52 / 15:58
干潮 10:17 / 22:50

P1020045

やはり朝から生命感溢れ、コノシロや

P1020044

ヒイラギの群れ

P1020053

色んなベイトが接岸してきている中、待望ヒット!

P1020049

ちょっとレンジを外したせいかサゴシでした。

陽もすっかり高くなり朝マズメメンバーが納竿し始めた頃、隣のアングラーにヒット。

何度も沖に走っては寄せを繰り返し、時折波打ち際でギラリと見せる巨体は間違いなくオオニベ!

P1020048

(勝手に写真撮らせて頂きました。すみません。)

慌てず焦らず手慣れた竿捌きで上がってきたのは130cmを優に超えるオオニベで、サイズを計ると写真も撮らずにすぐにリリース。

「な、な、なんだこの人は!かっこよすぎる!」

しばらくこの方の釣りを観察させてもらっているとある事に気付く。

そう、それは完全にメソッドは確立されているという衝撃の事実。

まるで水中が見えてるかのように正確にグチを見付け、同行されていた女性アングラーに「あそこにグチがいるよ」と指示をすると、その先に女性アングラーがキャストした数投目に何とバイト!

惜しくも抜けてしまいオオニベだったかは否かだが、これには目から鱗。

何となくグチも捕食しているとは思っていたが、こんな明確にグチパターンが成立しているとは・・・。

すぐにこの方の見よう見まねでグチの群れを探し、ようやく群れを発見!

かなり大きい群れでファーストブレイクまで接岸してきており、両隣のアングラーにもグチが掛かる。

グチがゴツゴツと当たる中を、決してその確信バイトが来るまで合わせを入れずじっくりと見せるイメージを繰り返して・・・

ゴチン!!!

ロッドに衝撃が走る!


宮崎オオニベ遠征 2015 ④に続く



Tackle Data
ロッド LUXXE SALTAGE CHEETAH-RR 110MH
リール 09 TWINPOWER SW4000XG
ルアー FALLTEN 40g