最後のドラマ・・・

それはこれまでの自分の経験を信じ、執念で投げ続けた先に訪れる奇跡。

P4120161

そんな「最後のドラマ」が今回もあった。


磯でお腹いっぱい遊び程良い疲れが残る帰り道、久しぶりに立ち寄った佐伯河川。

実に2年ぶり、りっくん達とのシーバスバトル以来かな。

そして今回付き合ってくれたひろくんとも2年ぶりの釣行。

久しぶりの再会を胸に集合まで河川を一通り見回り、河口の地形変化が絡むオープンシャローからスタート。

目視ではベイトを確認出来ないが時折小さいボイルが起こる。

ハク?いや、バチか?と表層系ミノーを投入するとヒラセイゴがヒット!

P4110139

幸先良く魚に出会えたが、キミはもう少し多きくなってから磯で会おうね〜。

恐らくボイルしているのはほぼこの同等サイズ。

幾度とあるショートバイトを拾えず、この場所に見切りを付け車へと戻るとタイミング良くひろくんから連絡があり、橋脚下が空いてるようなのでそこで落ち合うことに。

久しぶりの再会を喜び、互いの近状を話しながら並んでキャストを繰り返す。

状況としては上げ止まり直前、鉄板バイブでボトム付近を探り暗部に差し掛かった辺りでゴン!

・・・やっぱりこういう時にバイトは得られるもんやね。

いわゆるいつもの「よそ見釣法」ってやつですよ。

でも残念ながら足下のテトラ気にしてたらフックアウト・・・。

まあ、そんなもんです。笑

続けて同じ要領で再びゴッ!と当たってきたのは・・・

プププ

P4110142

(折角なのでひろくんとツーショット)

時合いなのか、連発でまた僕にヒットしたが何だか様子がおかしい。

「ひょっとしてアカメ?」なんて冗談言いながら寄せていると、不意打ちに足下のテトラに入り込まれ無念のラインブレイク・・・

何やってんだか・・・(正体はエイね。笑)

そんな僕をよそにひろくんはちゃっかり良型ゲット!

P4120147

しかしこれを機にバイトは遠退き、沈黙が続く・・・。

こうなると集中力も薄れ、どっと磯の疲れと早くも筋肉痛が襲ってくる。

でもこのままでは帰れん・・・。

ひろくんから頂いた差し入れのエスカップを流し込み、最後のポイントへ移動。

メジャーポイントだが週末にも関わらず運良く先行者無し。

ひろくんは右岸からアプローチ、僕は流れがそこそこ効いているその対岸へ。

シャローが絡む明暗部、場所が変わっても基本的な事は一緒。

すぐに魚の位置がイメージでき、間合いを詰める為息を殺して入水。

大事な1投目、若干アップ気味に投げドリフトで暗部へと流し込む。

U字ターンを描き暗部を抜けた瞬間、ゴチン!と深いバイト!

思わず「やった!」と声に出してしまった。笑

P4120155

うん、良い感じにセンターフックがカンヌキにがっちり。

シャローの背鰭を出しながらのファイトも最高やった最後のドラマ。

ちょっと細いけど気になるサイズは・・・

P4120156

ランカーじゃないのが僕らしいが(笑)価値ある1本で締めくくれた今回の春爛漫 河川編。

いきなりのお誘いにも関わらず、深夜遅くまで付き合ってくれ差し入れまで頂きホントひろくんには感謝!

また近々お伺いします!

そうして最後のドラマの余韻に浸り帰路を爆走中、高知の望さんからLINEが鳴る。

「今年入って初のメーターシーバスあがりました!」

IMG_9911

・・・。

酷やわ〜!笑

そんな望さんにお会いできるまであと1週間!



Tackle Data
ロッド VARIANT REXEATER9.9
リール 13 CERTATE 2510PE-H
ルアー komomo 110 SSP
      TRACY25