翌朝、生憎の天気やけど彼女と桂浜へGO!

P5030300

龍馬像や竜王岬、水族館でアシカショーなんか見て回ったけど僕の真の目的はコレ!

P5030285

改めてじっくり観察して、あれこれ妄想が膨らむポジショニング・・・(笑)

P5030283

中にはひときわ異彩を放つミノウオもおったよ。

ひとつ水槽挟んで向かいには、ぐるぐる回遊中で上手く撮れんオオニベ。

P5030295

来シーズンこそ釣っちゃる!

淡水コーナーも面白かったし、クジラのイチモツにはやられたなぁ!

IMG_0039

そのまま市街地で食事してから彼女を黒潮町に送り届け、浦戸湾へ戻った。

少し仮眠を取ってからポイントへ向かうと冷たい雨の中先行者多数・・・

ウナギ釣りのおじさん曰く、どうやら昨夜ここで80UPのアカメがあがったらしくそのせいかと。

先行者の邪魔にならないよう下流側へ入り、一投目。

P5040316

安定のマゴチ。

ベイトの気配はあるがこれっきり何の反応もなく、アドレナリン切れで終了。


10日目

寝起きのチキン南蛮BIGでパワー注入!

P5040318

この日は望さんとこれまでの状況を話し合った結果、いつもと見方を変え別のポイントに入った。

ひとくちに浦戸湾と言っても広大でポイントは無数にあるけんね。

しかしポイントを転々としながらランガンしていくも、この日は完全ノーバイトをくらう。


そして迎えた最終日。

望さんがデイゲームで入ってるとの連絡を受け遅れてポイントへ向かうと、先にシーバスをキャッチされたそうで期待を膨らませ入水。

徐々に陽は山稜に隠れ、空が濃紫に変わる頃、水門の流れにボラが溜まりそこにボフッ!と一発大きいボイルが出た。

すかさずボイルの方向にキャストするとズゥン!と鈍い衝撃が伝わり、アワセを入れた瞬間パンッ!と甲高く悲しいラインブレイク音が響いた・・・

えぇぇぇぇ!?!?

そしてその場でガバガバッとルアーを振り払うエラ洗い・・・

さ、さ、最終日のドラマがぁぁぁ・・・なぜ!?泣

よく見るとラインローラー部から擦り切れてるこの状態・・・

数日前、宿毛で良型を掛けた時も同じブレイクの仕方だった。

P5050325

ラインローラー部には目立ったキズは見当たらんかったけど、ドラグを締め込んでラインを引っ張るとケバケバに。

後日メーカーに依頼したら、ラインローラー部の不具合を確認出来たそうだが、特定までは出来ませんでしたとの事・・・

IMG_0262

なんじゃそりゃ〜

無償でローラー交換してもらったけど、掛けた魚の事を考えると何か腑に落ちん・・・

まあ遠征終盤だったことが不幸中の幸いで、この事をまぁぼうに愚痴って「修理期間中これじゃあ釣りに行けんわ〜」ってしつこく悲劇のヒロイン演じてたら使ってないバンキッシュ譲ってくれたし(笑)ポジティブシンキングに考えよう。

そんな悲劇の後は今回のフィッシングトリップ終了を告げるかのように花火が打ち上がり、花火と共にベイトは散っていったのだった・・・

P5050352

でも最終日に花火見ながら釣り出来たしポジティブシンキングに・・・なんかラッキー?(笑)

最後は望さんとこってり濃厚ラーメンでこってり濃厚アカメ道を語り、こってり濃厚な旅を締めくくった。

P5050361

今回も最高に充実して過ごせたのも望さんのお陰でした。

本当にありがとうございました!

そして「また夏に」と熱い握手を交わし高知を後に。

P5060365


それから数日後・・・

望さんからのラインが鳴り

IMG_0330

まだ旅の余韻に浸ってる僕にこんなの見せられたらもう・・・・心ここにあらずだよ(笑)

早く高知に行きたい!



Tackle Data
Rod : VARIANT REXEATER 9.9
Reel : 09 TWINPOWER SW4000XG
Lure : K-TEN BLUE OCEAN BKF115