2016年12月20日(火)
小潮
満潮 11:17 / 23:00
干潮 04:20 / 17:29

昨日を引きずっているのか(笑)アラームより早く目が覚めてしまい、ゆっくり支度して夜明け前のサーフへ

ここ数日上向きな状況なだけあって、平日にも拘わらず駐車場は既に多くの車で埋まっていた。

駐車スペースを確保して準備を進めていると三好さんが到着し、一緒に入砂

PC200052

サーフに降りるとヒデさんが撮影で入られており、カメラ止めたタイミングで挨拶に向かうとカメラマンさんは去夏に高知でお会いした立原さんでした。

少しお話してから南のポイントにエントリー

昨日よりベイトの気配は薄いが、いつ来るかわからない時合いに備え黙々とキャストを続ける。


8時過ぎ、サーフへ下りてきた小黒さんと挨拶を交わし「今日は船がいないから存分にファイトできますよ」とイジられ、もういいネタです(笑)

そして状況を話し別れた数分後・・・

笑みを浮かべこっちへ戻って来られる。

ん?

なんかぶら下げてる〜(笑)

PC200053

60オーバーのナイス寒ヒラメ!

「宿泊先にヒラメを釣って帰りたい」とおっしゃってましたが、小黒さん仕事早過ぎです(笑)

続けて、三好さんもなんかぶら下げて来たし〜(笑)

PC200055

これまた60オーバーの良型!

お二人とも畏れ入ります・・・(笑)

僕も気合い入れ直しキャストを繰り返したが・・・コノシロが引っ掛かってきたくらい。

暫くして三好さんから北のポイントにグチが入ったと連絡があり移動。

井戸川さんもいらっしゃり、挨拶後ポイントを譲って下さるも反応ナシ!


午後から波も上がって濁りも入った海を前に、小黒さんと腰掛けまったりChill

この際と言わんばかりに色んな質問をぶつけ根掘り葉掘り聞いてしまいましたが(笑)それに対してひとつひとつ丁寧に答えて下さる。

バスプロ時代の話は特におもろかったなぁ〜

釣りもそうやけど、人生の大先輩でもあり経験豊富な小黒さんのお話は学ぶものが多く、また共感するものも多かった。

「釣り」に然り「家庭」に然り「仕事」に然り

とても勉強になりました。

そして今日が小黒さん実釣最終日ということで、皆さんも集まって談笑。

PC200059

(エキスパートの方々が集まると何気ない会話の中にも沢山ヒントが隠れています)

夕方まで喋って皆さんを見送り、定時まで投げ倒そうとキャストを再開すると「北の方がまだ水色良いですよ」と小黒さんから電話を頂き移動。

そこでも井戸川さん達に日暮れまで貴重なお話を聞かせて頂きました。

こうして色んな方達と繋がれたのも小黒さんのお陰で感謝してもしきれません。

また小黒さんと出会い、僕のオオニベ釣りの観点が180度変わりました。

今回が最後の遠征とおっしゃってましたが、来シーズンまた一緒に宮崎サーフに立てることを勝手に願っております(笑)

小黒さん本当にありがとうございました!

PC200058



2016年12月21日(水)
小潮
満潮 12:12 / --:--
干潮 05:14 / 18:51

遠征最終日

PC210063

波高く連日賑わっていたサーフもガラ〜ンとした感じで、早々にエサ釣り師達も竿をたたみ始めた。

やはり厳しいか・・・

それならば、北上しながら出来そうなとこ見つけて投げながら帰ろうと県央をあとに。

昔よく通ったゴロタサーフを久しぶりに覗きに行ってみるも浅過ぎてパス・・・

更に北上し、河口絡みのサーフでグチが入ってるのを見つけたが、次第にウネリが増しサーチ断念・・・

PC210067

最後に装備・タックルを持ち代え、山越え無しのラクチンポイントで磯遊び

PC210072

安定のノーバイトで(笑)帰路に着いたとさ。

そうして今回も釣果にこそ恵まれなかったが、良き経験と先輩方に出会え有意義に過ごせたオオニベ遠征 2016は幕を閉じた。



宮崎オオニベ遠征 2017に続く