鱸道

カテゴリ:河川

この冬いちばんの寒気が流れ込んだ週末は、寒中ディープウェーディングで健康なカラダ作り!

60半ばを筆頭に

PC080047

ポツポツと・・・

PC080040

今回も裏モードの独壇場!といった感じでしたが

PC090052

なかなかゼノモーフのポテンシャルを発揮できる魚に出会えまてん。

寒い日が続きそうですが、頑張ってニューロッドでデカいシーバスを釣り上げたいところです!


Tackle Data
Rod : ERADICATOR XENOMORPH BIG CHAP
Reel : 09 TWINPOWER SW4000XG
Lure : EVOROOTS 120F(裏モード)

ゼノモーフの到着を待っていてくれたかのように、安藤さんから放たれるフレッシュなコノシロ臭

臭うぞ臭うぞ

ぷんぷん臭うぞ〜

このチャンスを逃すまいと飢えた野良犬のようにクンクン鼻を効かせ、嗅ぎ付けた先は河口エリア

さくっと準備を済ませ、気合い入れて投げ倒すも

・・・あで?

コノシロどこ・・・


やはり今年も安定しないのか。

もはや大分の秋冬コノシロパターンは死語となりつつあります・・・

僕だけ?(笑)


それでも良い流れは効いてるので、丁寧にメインチャンネルのスリットをエヴォルーツで探り

入魂完了!

PC010020

予定ではコノシロたくさん詰め込んだブリブリランカーで入魂の儀を行うはずでしたが・・・

ジャスト70

PC010012

まあ僕にしては上出来です ^^



さてさて

早くも師走に突入し、いよいよ砂修行シーズン

今年は小黒さんが復帰され、またひとつ楽しみが増えました ♪

12月も忙しいけど、全力で駆け抜けていきま〜す 



Tackle Data
Rod : ERADICATOR XENOMORPH BIG CHAP
Reel : 12 Vanquish 4000XG
Lure : EVOROOTS 120F 

リバーシーバスのド定番、橋脚ゲーム

PB290290

ベイトが溜まり易いうえ、シーバスのポジションがイメージし易く個人的にはモチベーションが保てる好きな釣りです。

しかしその反面、ポピュラーが故エントリーに苦労する事もしばしば・・・

また、居るのに口を使わないスレた魚も多い。

それがまた魅力やったり・・・(笑)

そんな橋脚ゲームで今回もエヴォルーツの裏モードが良い仕事してくれました。 


週末の水がしっかり動くタイミング

干満差が大きいため時合いはそう長くはなく、タイドグラフをチェックしながらドンピシャの潮位にエントリー

ベイトは上ずり、ボイルこそ出ないものの時折モジリが確認出来る。

魚は表層を意識してる状況なので、迷うことなくエヴォルーツ裏モードを投入

オリジナルモデルのワイドローリングとは対極的な至って大人しいフラフラとした揺らぎアクションで、ナチュラルに暗部へと流し込んでいくと

ドンッ!と答えはすぐに返ってきました。

PB240182

元気な70アップ ♪

澄み潮にゴーストフラッシュ強し!

PB240165

その後、引き波メソッドに水柱立つも誤爆に終わりあっという間に時合い終了


続いて別河川の橋脚

先程と同様にセオリー通り橋の上流側に立ち、明から暗へと流し込む。

立ち位置を変えながら反応伺うも返答なく、今度は下流側に入りアップクロスで明暗を抜いてキャスト

ルアーが着水したら、ロッドを軽く煽ってウエイト戻してからゆっくり巻いてくると暗部から出た辺りで

コツン!と小さく出た

気持ちサイズアップの70中盤 ♪

PB260215

この子もゴーストフラッシュでのヒットでした ^^

PB260186

橋脚ゲームにも裏モード欠かせませんね!



Tackle Data
Rod : VARIANT REXEATER 9.9
Reel : 09 TWINPOWER SW4000XG
Lure : EVOROOTS 120F(裏モード) 

週末は大して潮も動かず、本命ポイントは予想してた以上に流れもベイトも無い絶望的状況

所謂「ハズした」ってやつ(笑)

そこでまた意地になって粘っちゃうから、ようやく移動を決意した時にはもう潮止まり間近

本日の心中ポイントもこれまた流れ、ベイト共に皆無の絶望的状況

「落ち鮎に行っときゃよかった・・・」

そんな後悔が沸々と込み上げてきた頃、テレテレとボトムを這わせてたUKサッパが手前の駆け上がりで引ったくられた。

ラッキー ♪

PB170066

正体は食べ頃サイズのヒラメちゃん

ちょっと豪華なホゲ逃れとなりました。



そして、不完全燃焼に終わったその日の夕方

ラストスパートの落ち鮎パターンを堪能すべく河川清流域へ

陽があるうちはトップゲームをプランニングしており、本来ならこの時期青物用ダイビングペンシルを用いた漢の釣りを楽しめるんですが、いかんせんここでもベイトが見当たらず・・・

ちょいと弱気になって少しボリュームをおさえたジンペン(破格でゲット!)で広範囲を探り、やはり瀬絡みで水面爆破!

嗚呼・・・

トップ最高!!!

PB180109

魚は入れ替わった感じで、ほせぇけど嬉しい1本 ♪ 

PB180092



陽が落ちてくると、ちらほら他のアングラーさんの姿が見え出したので少し移動して

流れとストラクチャーが絡む如何にもなピンスポットにエヴォルーツ裏モードを撃ち込み

ゴチン!

と気持ちの良いバイト

PB180130

裏モード、清流域では外せません。

PB180118

続けて同じピンから飛び出してくるも誤爆

そんな時はノーマルのエヴォルーツでグッとレンジ入れてやれば

しぇいご

PB180134

 からのしぇいご

PB180139

あで?(笑)

今度はよりタイトにストラクチャーの際に入れてやり

テッテレー

PB180147

やっぱり居た ♪
 PB180144

条件が揃わなくても、着くべきとこにはしっかり魚着いてる。

そんな印象の晩秋長潮でした。



Tackle Data
Rod : VARIANT REXEATER 9.9
Reel : 09 TWINPOWER SW4000XG
Lure : UK SAPPA 86WS
          JINPEN
          EVOROOTS 120F(裏モード)
          EVOROOTS 120F  

清尾さんから「使ってあげる事がいちばんのメンテナンス」と言われてしまい、退院したばかりのセルテートを連れて夜勤明け、近場にちょこっと出撃〜

未明に湿らす程度の雨が降り、予想通り先行者に叩かれた後

普段ならパスするとこやけど、あくまでも「メンテナンス」目的なんでチャチャッと準備して入水

表層をざっくり探ってから使い勝手の良い小型バイブで細い流れの筋を刻み、アタックして来たのはこの場所では季節外れのゲスト

PB130023

リールの調子もすこぶる良く、これから快適に釣りできんぞ〜 ♪

今までどんだけゴリゴリ、シャリシャリいわせてたんやって(笑)



Tackle Data
Rod : Shibumi IS-90ML
Reel : 13 CERTATE 2510PE-H
Lure : EXSENCE Salvage Solid 60ES

このページのトップヘ