カテゴリ: 河川

浅瀬を泳いで崖をよじ登り

P3072419
ステラ完全に浸かっとるよ〜(笑)

いくつものスリットを越え

P3072413
ガンバレ山ちゃん

純白のサラシを求めて、道なき道を突き進んだ僕らの末路は・・・

ちびっこと

P3072449

エソ(笑)

P3072411

いつか誰かがこんなこと言ってた。

「ヒラスズキが釣りたいんじゃない、ヒラスズキ釣りがしたいんだ」ってね

ビバ!サラシニスト

またこんなとこ連れて来やがってって顔しながらも、毎度付き合ってくれる山本のおじちゃんに感謝っす。


帰りはヘトヘトな筈なんになんか変なスイッチ入って、ひとり河川に寄り道

久しぶりのビッグベイトシーバス!

P3072467

そんな6勤1休の全力日曜日でした〜



Tackle Data
Rod : VARIANT REXEATER 107
Reel : 09 TWINPOWER SW4000XG
Lure : EVOROOTS 99VSP

Rod : ICHOS HC-B770EXH
Reel : 18 CALCUTTA CONQUEST 300
Lure : BB180 MSS

「数日前までコノシロ入っちょったんに・・・」

先行者の方からお馴染みのフレーズを頂き(笑)

なかなか渋い状況やったけど、ミニエヴォでなんとか1本

P2212345

やっぱベイトの動向しっかり把握して良い釣りしよん人は、マメに通いよんよね〜

オレももう少し仕事が落ち着いたら頑張ろ。


その後も沈黙が続く中、サーフドライバーでグッとレンジ入れてみたらデブソイ(笑)

P2272393

これにポッキリ心折れ、大人しく家路に着きました・・・



Tackle Data
Rod : ERADICATOR XENOMORPH WARRIOR
Reel : 12 Vanquish 4000XG 
Lure : EVOROOTS 99VSP
          ZBL SURF DRIVER 110S BLAZEYE CUSTOM 

週末は何処入ろうか悩んだあげく、河口の手堅い川アジパターンへ

大分市内から県南部にかけては定番のベイトパターンです。

で、幸先良く数投目からミニエヴォにヒットしたけど

P1292218

もうひとつ奥のコースをエヴォSSPモデルで遠投して、良さそうなヤツを痛恨のフックアウト・・・

これが場を荒らすバラしとなり、その後は何入れても無反応

ここを見切って別場所に移動するけど、何処もかしこもしっかりと先行者がいらっしゃいます。

どげんしよ・・・

タイドグラフを確認しながら、ふとよぎる癒しの干潟

ギリ間に合うか・・・

ってことで、癒しを求めて干潟へ大きく移動

到着してから、急いで入水し

最干間際の流れを探して沖へと突き進むと

P1312227

癒しが待ってくれてました ♪

P1312241

東の水平線が紅く色付くのをマッタリ眺めつつ、上げと共に納竿

P1312244


それから夕方

少し物足りんかったので、再び干潟へと出撃

夕陽に照らされる綺麗なシーバスをゲット ♪

P1312257

ミノーでは見切られるし、バイブでは速すぎるってときは、この手のワームが強いっすね



Tackle Data
Rod : ERADICATOR XENOMORPH WARRIOR
Reel : 12 Vanquish 4000XG 
Lure : EVOROOTS 99VSP
     EXSENCE Staggering Swimmer 125S AR-C
          UK SHAD WORM(UKJH 9g) 

オリジナルモデルの性能プラスαを、小粒のボディにギュッと凝縮継承したエヴォルーツ99VSP

casting_4580506100559_1

ちっこくなってもバーサタイルに使えますが、個人的にいちばん使用頻度が高くなりそうなフィールドはやはり河川でしょうか。

この日も河川でグラマラスな77cmを筆頭に

P1242154

ハーモニカのフッコから

P1242103

セイゴちゃん

P1242147

おまけの外道まで(笑)

P1242081

橋脚にいる魚、根刮ぎ頂きました ♪

5月くらい発売予定とのことです。



Tackle Data
Rod : ERADICATOR XENOMORPH WARRIOR
Reel : 12 Vanquish 4000XG 
Lure : EVOROOTS 99VSP

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

本年もホゲ旅の軌跡からお付き合い下さいませ(笑)



2020年12月30日(水)
大潮
満潮 06:56 / 17:57
干潮 00:10 / 12:25


30日、夕方に宮崎入り

数日前の時化後からサーフにベイトが戻っていないとの情報を頂き、比較的ベイトが安定している河川絡みを見ていくことに。

所謂「川ニベ」ってやつです。

明るいうちに下見して、日付跨いだ大晦日



2020年12月31日(木)
大潮
満潮 07:31 / 18:31
干潮 00:45 / 12:59


河口の深みから最初に川底の高さが上がるエリアに最干を絡めた上げっぱなでエントリー

そこで大潮の押しの強い上潮を期待してたんですが、思った以上に効かず・・・

上げ3分、何か喰ってきたと思えばタッチー

PC311905

ドラゴンサイズです(笑)

PC311878

どうせならお持ち帰りできる最終日に釣れて下せぇ・・・

そうこうしてるうちに立ち位置が削られ、入水限界水位で一旦休憩


陽が高くなってから再び同じポイントへ

ボトムを中心にバイブで探ってると小ニベがヒット

PC311921
 
居るには居るようですが・・・

タイミングなんでしょうか。

その後、潮止まりまでやって夜に備えた。


宮崎オオニベ遠征 年末年始編 ②に続く



Tackle Data
Rod : ERADICATOR XENOMORPH WARRIOR
Reel : 19 Vanquish C5000XG 
Lure : K-TEN SECOND GENERATION K2F142 T:1
          ZBL VIB90 35G

↑このページのトップヘ