鱸道

カテゴリ:ロックショア

季節外れの夏日が続いた5月下旬

暑いし釣れんし・・・

IMG_3270

タイドプールに浸かって昼寝(笑)

日焼けするだけして手ぶらで帰るのも悲しいから、ジグで根魚狙い

P5210039
P5210046
P5210050
P5210053

ホゴは裏切らんね(笑)



Tackle Data
Rod : Foojin'R ROCK&STORM 110H
Reel : 12 Vanquish 4000XG 
Lure : GUN2JIG II 60g 

更新が滞り、釣行記が溜まっております・・・

さて、今年のGWは純白のサラシ求めて南下したり

P5070033 (1)

近所の川鱸狙ったり

P4280219

相変わらず釣り三昧やったけど、今回はGW中のメインイベント離島トリップのお話。

舞台は玄界灘に浮かぶ言わずと知れたお魚パラダイス「壱岐島」

博多港から小一時間フェリーに揺られ初上陸!

P5020238

この旅のバディは山本さん & シゲさんコンビ

P5020237

年末に一度この島を訪れてたふたりの案内で、まずは港近くのお店で壱岐牛を堪能し(ウニ丼は壱岐産ヒラスズキ釣ってからと決めてたので我慢)

P5020240

チェックインまでGoogleマップとクシャクシャの宝の地図広げて明日入るポイントの下見

P5020243

※塞神社はマストポイントね

粗方ポイント抑えた後、初日はベタ凪ってことでテキトーに漁港見つけてエギングから開始

P5020251

さくっと酒のあてゲットです(笑)

そして人生二度目のエギングでキロアップ〜!

P5020259

こんな簡単に釣れていいの?(笑)

壱岐の優烏賊サイコーでしょ!

その烏賊をぶら下げ宿へ向かい乾杯!

P5020277

因みに今回お世話になった宿は大川漁志さんオーナーの「みなとやゲストハウス」

P5040304

九州のアングラーで知らない人はおらんでしょ?

小物やインテリアひとつにしてもいちいちセンスが光る素敵なお宿でした。

そんなオーナーのご好意で、先ほどの烏賊を調理して下さり烏賊刺し

P5020280

ゲソは湯引きして酢味噌で ♪

P5020278

高級根魚の炙りまでご馳走様でした!

でも何といっても「トカラ堤防GT」と「福江タマン」のお話はどのツマミより酒がすすんだよね。


翌朝、予報通り?大雨洪水警報が出されるほどの大時化(笑)

P5030287

昨夜大川さんからアドバイスを頂き、南の磯にエントリーしたのだが爆風 & 大粒の雨が打ち付ける中、待望のバイトをことごとく玉砕・・・

そのうち一発は、ヒット中のメインラインにこのオジサンが被せてきてポロリ

P5030283 (1)

自分は何か釣っちょんし(笑)

それからランガンして得られたのはベラのバイトのみ・・・

P5030284

昼前に一旦あがって冷え切った体を温泉で暖め、昼飯しばいて軽く昼寝。

嵐の去った夕方、西の爆風を避け島の北東部の磯に入るもノーバイト・・・

P5030290

他のお客さんや地元の方と情報交換し合ったけど皆それぞれ渋かったようで・・・

手ぶらで宿に戻り、ビールを流し込んで明日に備え早めに就寝。


そしてシゲさんの騒音レベルのイビキで目覚めた最終日の朝。

引き続きウネリも風も絶好調(笑)

P5040299

ちょうどこの日、島のエギング大会が開催されており、それを配慮して風表のポイントをランガンしていったけど殆んど釣りにならず・・・

P5040296

(猿岩マジ猿やん)

刻々とフェリーの時間が迫り遂にタイムアップ。

この日唯一魚とのコンタクトは僕の朝イチの根ズレバイバイだけで、ウニ丼はまさかの御預け・・・

ちーん・・・

もうシゲさんはふて寝よ(笑)

P5040303

そうしてまさかまさかの全員完敗(笑)

トボトボと宿に戻り、荷をまとめ17時のフェリーで島を後にし僕らのGWは終わったのであった・・・

P5040311

夕陽が悲しすぎる(笑)

また近々リベンジ計画立て絶対ウニ丼食うぞー!

色々とお世話になった大川さんご夫婦ありがとうございました!

P5040305 (1)



Tackle Data
Rod : LUXXE SALTAGE CHEETAH-RR 110H
Reel : 12 Vanquish 4000XG
Lure : DOVER 99F 

Rod : Shibumi IS-90ML
Reel : 13 CERTATE 2510PE-H
Lure : komomo 85SF counter

Rod : CROSTAGE CRS-862PE
Reel : 08 BIOMASTER C3000
Lure : エギ王 Q LIVE 3.5号

宮崎サーフにドラマを求めて三度目の冬。

「今シーズンこそは!」

そんな思いで土日月と三連休を頂き、年末年始遠征の情報収集に南下。

・・・の予定が低気圧の影響を受け、なかなかの時化っぷりなので急遽磯に寄り道(笑)

そこで久しぶりにナイスなヒラスズキに出会えたよ〜

PC120052

長さは思ったほど無かったけど、ぼてぼてのこの時期らしいウエイトがのった御ヒラ様。

たまらんっす!

でもね・・・

コイツを抜き上げた直後、ズッコケてやってもうた〜(泣)

PC120055

そんな朝マズメの事故の前、薄暗いうちは水道の激流に横風を使って表層を流し

パコーン


PC120006

と幸先良かったんやけどね・・・

それからティップを無くしたまま(笑)ポイントを転々とし、最干間近に辿り着いた沖の瀬まわり。

ここでもまたロウディーの表層巻きがハマり連発!

PC120059
PC120063
PC120066

抜き上げの際の身切れとか、お約束のポロリも連発やったけどね。

PC120074

まあいいのだ(笑)

ロッド逝ったのはよくないけど・・・


そんな感じで磯遊びから一晩置いてサーフに向けて出発したが、まだ波は高く濁りも酷い状況。

PC130076

とりあえず地形把握に徹してあちこち回ってみたものの、ベイトのグチはもとより、サゴシや舌平目すらご不在のタフコン(笑)

翌日も前日までの予報では波が落ち着く感じやったのに、ウネリが入ってきてもうお手上げ状態・・・

PC140090

潔く見切り付けて磯に行けばよかったかな・・・ボソ

今年のオオニベ遠征は29日から年跨いで5日までの8日間。

出来る事からコツコツやっていこう。



Tackle Data
Rod : LUXXE SALTAGE CHEETAH-RR 110H
Reel : 09 TWINPOWER SW4000XG
Lure : sasuke120剛力
          Rowdy130F

木枯らしが吹き荒れた週末。

磯は体感風速20m近い突風が吹き付け、もう殆ど釣りにならんやったよ(笑)

そんなラインコントロールほぼ制御不可能の中、通りすがりのヤズっちがなんとかヒット!

PA250981

フロント・リアフックのダブルヒットやったけど、ランディングの際にお約束のポロリでした。

プププ



そうそう、最近ハマってる河口域でのコチゲー

PA240993

すんごいストック入ってて平日のちょい釣りでも連日ボウズなし、サイズも50前後でなかなかおもろいのよね〜

PA240979

夜も釣れるけど、やっぱり性質的に陽がある方が釣れるよね。

PA260989

癒しのお手軽コチゲー、もう少し楽しめそうっす。



Tackle Data
Rod : LUXXE SALTAGE CHEETAH-RR 110H
Reel : 09 TWINPOWER SW4000XG
Lure : ChataBee 85

Rod : Shibumi IS-90ML
Reel : 13 CERTATE 2510PE-H
Lure : Monkey69Vid
          koume 80
 

フィリピン沖に停滞する台風の影響を受け、南東の海は程良く時化た週末。

朝イチ、トップに激しく出てくれ足下の岩場にズリ上げたのはいいが、ランディングポジションミス。

足場が微妙に高くて下りれんし、そこそこのサイズで抜き上げれんし・・・

んで、セットに呑まれそのまま海にお帰りになりました。

プププ

続けて沖の瀬裏のサラシから水柱上げて出たこれまた良いヒラスズキ。

ガッチリ2番フックいってるし、今度は確実なランディングポジションまでよっこらよっこら回してる途中に波打ち際でポロリ・・・

今のもそうだけど俗にいう、逃した魚はなんちゃら・・・とかいうやつっすよ(泣)

この後はミスバイト1発のみで反応得られず、ボトムに狙いを変えマダイでもなんて思ってたら

PA170977

赤いけど軽いし(笑)

それからキタマクラにアカエソの猛攻で泣く泣く白旗を上げた。

PA170982

でもこのままじゃあ帰れんぞとそのまま河川に立ち寄り、陽があるうちは青物ペンシルを投げ倒すもノーバイト。

潮位が下がるまで待ってウェーディングでなんとかキャッチに至った週末でした。

PA190991

顔疲れてる(笑)



Tackle Data
Rod : LUXXE SALTAGE CHEETAH-RR 110H
Reel : 09 TWINPOWER SW4000XG
Lure : GUN2JIG II 60g

Rod : VARIANT REXEATER 9.9
Reel : Vanquish 4000XG
Lure : MINIENT 57S

このページのトップヘ