カテゴリ: アイテム

アカメやオオニベをはじめとするモンスター達を相手に開発されてきたゼノモーフシリーズのブランニュー

「ERADICATOR XENOMORPH WARRIOR」

mainbn_XENO-thumb-750xauto-83615

● SPEC

JAN / UPC : 036282992023
製品名 : EXMS-97MML-TZ
タイプ : SP
継数 : 2
全長 (ft/cm) : 9'7" / 292.1
仕舞 (cm) : 149.6
標準重量 (g) : 189
先径 (mm) : 1.60
ルアー (g) : 7〜45
ライン (号) : 0.7〜2.0
パワー : MML (ミディアムとミディアムライトの中間)
使用素材 : カーボン95%
                 アラミド繊維5%
テーパー / アクション : モデレートファースト
製法 : TAF
メーカー希望本体価格 (税抜) : ¥72,000



オーソドックスな9ft7inのシーバスロッドでありながら今回も30kgを超えるモンスターと闘える異次元スペックです(笑)

キャストや操作感はファーストテーパー

サンプルが届いてからすぐ近所の川で振ってみましたが、55mmクラスの小型バイブも驚くほど軽快に扱えました。

そして魚が掛かるとミディアムテーパーへと移行し、ゼノモーフ特有の粘りで魚をしっかり制御下においてくれます。

P6010160

前作ビッグチャップを踏襲しつつも、より繊細かつスピーディーに取り回し易くなった印象から、幅広いシチュエーションで活躍が期待出来そうですね。

特に長年レクシータ99を愛用してきた自分としては、かなりフィットしたこれから間違いなく主軸のロッドとなりそうです。



Tackle Data
Rod : ERADICATOR XENOMORPH WARRIOR
Reel : 12 Vanquish 4000XG
Lure : HARDCORE SOLID VIBE 55

ブレイズアイが展開するカラーラインナップの中でもデイゲーム最強カラーと称されるライブキビナゴと並んで

澄潮、日中に絶大な効果を発揮するサテライトマイワシ

P5070440

水に馴染みやすいイワシカラーをベースに、サイドのメッキが強烈な反射光を放しつつ

光が透過することで発色するサテライトコンセプトを持ち合わせる。

P5070423 2

個人的な見解ですが、上から太陽光などを吸収した時にベリーのゴーストグローが淡く発光して見切られにくいのも、ひとつの強みと感じております。

ピーカンデイゲームの切り札として、ボックスに忍ばせておきたい最近いちばんのお気に入りです ♪



Tackle Data
Rod : VARIANT REXEATER 9.9
Reel : 19 Vanquish C5000XG
Lure : EVOROOTS 120HF HIGH MANEUVER

ブレイズアイより、サーフドライバー110Sのコラボモデルが着弾


IMG_3708


フック、リングの強化に加え、ギミックを効かせたブレイズアイカラー5色の展開のようです。


BX-001 レッドヘッドミラージュ

IMG_3679



BX-007 ライブキビナゴ

IMG_3680



BX-008 サテライトチャート

IMG_3681



BX-009 ホワイトバーン

IMG_3682



BX-021 ピンクバーン

IMG_3683


僕自身、この手のミッドダイバーは何故か使用頻度低かったんですが

使い込んでみると、深いところの魚を今までバイブやシンペンで獲りきれなかったアプローチで攻略することが出来ました。

P4150322

ガップリです ♪


詳しい解説はこちらから

https://www.fimosw.com/u/hidehayashi1972/zbwsgt1hhcsy4n

限定生産ということなので、気になる方はお早めにどうぞ。




最後に・・・

様々な情報が飛び交い錯乱するコロナ騒動

SNSなどでも釣りの自粛を呼び掛ける声を頻繁に見掛けるようになりましたが、実のところ戸惑ってます。

長期戦が予測される中で、しっかりと自分で見極め行動していきたいと思う所存です。



Tackle Data
Rod : Shibumi IS-90ML
Reel : 13 CERTATE 2510PE-H
Line : Super FireLine ULTRA8 20lb
Leader : SEABASS SHOCK LEADER 22lb
Lure : ZBL SURF DRIVER 110S(BLAZEYE CUSTOM)

エヴォルーツの高機動型として

この春、新たにラインナップに加わるエヴォルーツ120HF(ハイマニューバ)

その特性をざっくりとおさらい


◯ ハイフロート

浮力が高いので、ボトムに当てながらトレースしても引っ掛かり難い。

ボトムに当たった時にストップを入れると、ス〜ッと浮き上がります。

この高浮力を活用した上昇アクションでクランクベイトのような使い方が可能。


◯ 低速でしっかり泳ぐ

止水域やトロ場、緩い潮でもフルフルとしっかり泳いでくれます。

低速域でじっくりと見せて喰わす、ハイマニューバの真骨頂です。


◯ 喰わせのアクションを強調

オリジナルモデルに比べ2g軽くなり、飛距離を少し犠牲にした代わりに、喰わせのアクションが増量。

ピンスポの釣りにも強い。


◯ 接近戦をより意識したカラーラインナップ

新色を中心とした全12色



#08 サテライトチャート

IMG_3528



#17 Wチャートバーン

IMG_3529



#18 STレッドヘッド

IMG_3530



#19 チャートキャンディ

IMG_3531



 #20 レモンフラッシュ

IMG_3532



#21 ピンクバーン

IMG_3533



#22 サテライトマイワシ

IMG_3534



#23 ピンクキビナゴ

IMG_3535



#24 STブラックゴールド 

IMG_3536



#25 リバーベイト




#26 フラッシュクローム

IMG_3537



#27 クリアフラッシュ

IMG_3538



● SPEC 

サイズ : 120mm
ウエイト : 20g
標準フック : #2
リング : #4



オリジナルモデルとの使い分けで、より攻略の幅が広がると思います ^^

2020年3月発売とのことです。

干潟や河口、サーフなんかの開けたオープンウォーターに立つと、ついつい渾身のフルキャストをカマしてしまいがちですが

結局、魚が喰ってきたのは手前のブレイクライン・・・

なんて経験皆さんも多々あると思います。 

案外、ちょい投げで人より数多く手前のブレイクラインを通したほうが効率的やったり・・・

この夜もハイマニューバのちょい投げで、手前のブレイクラインをじっくり引いてのヒットでした。

P1191522

そんな近距離戦に特化したハイマニューバ

P1191527 
オリジナルモデルに比べ若干飛距離が劣った分、喰わせのアクションが増量

流れの緩いタイミングでも低速域でねっとり誘える、やらしい子です ♪

ピンスポの釣りにもグッ!



Tackle Data
Rod : Shibumi IS-90ML
Reel : 13 CERTATE 2510PE-H
Line : Super FireLine ULTRA8 20lb
Leader : HARDCORE POWER LEADER FLUOROCARBON 25lb
Lure :  EVOROOTS 120HF HIGH MANEUVER

↑このページのトップヘ