鱸道

カテゴリ:オオニベ

暮れの挨拶も出来ぬまま年が明けてしまいました・・・

新年明けましておめでとうございます!

本年も何卒よろしくお願い致します。


さて、年末年始は一週間ほど砂修行に出向いておりました。

数年ぶりに宮崎で年を越せる幸せ

P1020167

笑顔で送り出してくれる妻に感謝っす。


今シーズンはなかなか水温が下がらないようで、事前に頂いてた情報通りグチの接岸は皆無

年末年始の滞在中、自身では一度も確認できなかった。

なもんで端っから例年のグチパターンは頭の片隅に追いやって、気になる地形、時合いとおぼしき潮位を昼夜問わず探りまくっていた。

大晦日の釣り納めに最初の魚、チヌ

PC310131

翌、元旦の初釣りにはヒラスズキが顔を見せてくれた。

P1010158

アタリの少ない状況下、本命でなくても竿が曲がるのは嬉しいもんで。


翌る日も歩いては投げ、歩いては投げ・・・

陽が沈んだと思えば夜が明け、夜が明けたと思えばまた陽が沈む。

P1030180

そんな変則的な生活リズムに慣れてきた頃、サッパの回遊のタイミングを掴んできた。

この日はここ数日の中でもいちばんの雰囲気

さっそく小ニベがヒット!

P1040201

聞くところによると我が子もベイトになってるそうで・・・

続けて手前のブレイクを入念に探っていると、いきなりエヴォルーツが引っ手繰られ、闇夜に響くドラグ音

とうとうやった。

念願の・・・

メーターオーバー(笑)

P1040213

餌となるグチが絶滅した宮崎海域で、その巨体によるエネルギー消費を極限まで抑える為、よりスマートに独自の進化を遂げた今季のオオニベ

P1040203

凶暴化し、噛み付いてくるのでマジで危険!

今季のオオニベには皆さん細心の注意を。

・・・ごめんちゃい(笑)


宮崎オオニベ遠征 2019 ②に続く



Tackle Data
Rod : ERADICATOR XENOMORPH BIG CHAP
Reel : 09 TWINPOWER SW4000XG
Lure : Beach Walker Flipper 40g
          EVOROOTS 120F  

新年明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願い致します!

29694750_1645689932176202_4883008543366221098_n

そう文字を起こすのに4ヶ月もかかってしまいました(笑)

すんません。


さて

桜の満開もピークを過ぎ1年の1/3が過ぎたわけですが、 年明け宮崎オオニベ遠征のお話でも・・・

と思ったけどこれももう遅いか(笑)

結果的にヒラメ1枚・・・

635cc884

安定のホゲの日々でした。


そんな宮崎サーフで今シーズンも苦行を共にしたオオニベ師達と先日、北九州で再会

29683957_1645689898842872_7657193347032638552_n

(左から時計回りに塚元さん、藤原さん、ヒデさん、塚本さん)

オオニベトーク2割(笑)の楽しい宴でしたね〜

来シーズンもまた皆さんにお会いできるのを楽しみに、更なる「オオニベ道」の精進を心に誓って新年の挨拶と代えさせて頂きます(笑)

そんな感じでだいぶ遅れましたが、2018年も変わらぬお付き合い宜しくお願いしま〜す


Tackle Data
Rod : VARIANT REXEATER 9.9
Reel : 09 TWINPOWER SW4000XG
Lure : 熱砂 SPIN BEAM 32g 

気付けば2017年もあと数時間・・・

今年は特に早かったな・・・

仕事のせいにしたくないけど、12月はフル休出 & 鬼残業で竿振るなんて余裕もなく(勿論ブログ書く時間も)

カメラの画像を見返すと最後に魚を見た日付は11月26日・・・

PB260192
PB260197

この子たちを最後に、1ヶ月も魚に触れんまま冬の連休を迎えました。


さあ、この欲求をどうぶつけようか・・・

宮崎遠征は年明けからしか行けんし。

なんて考えてると運良くスケジュールがずれ込み、速攻南下!

2日間の短い突発遠征でしたが、釣り納めを宮崎サーフで出来て満足っす!

PC290219

毎度サーフで気さくにお話して下さる地元の皆さん、遠征組の皆さん

ありがとうございました!

本番は年明け!とか言っとく(笑)


来たる2018年も各所でお会いする方々とのご縁を大切に、釣りに仕事に家庭にと精進してまいります。

それでは皆さん良いお年を!

PC300232



Tackle Data
Rod : VARIANT REXEATER 9.9
Reel : Vanquish 4000XG
Lure : TKLM 90
          Frilled Swimmer 115F 

Rod : VARIANT REXEATER 9.9
Reel : 09 TWINPOWER SW4000XG
Lure : 熱砂 SPIN BEAM 32g 

なかなか文字に起こす時間が取れず、ダラダラ更新していた今年の宮崎遠征記ですが、今回で最終話。


2017年01月16日(月)
中潮
満潮 09:09 / 20:44
干潮 02:30 / 14:57


最終日の今日は夕方から仕事の為、午前中いっぱいの勝負となる。

放射冷却でぐっと冷え込む夜明け前、駐車場に着くと既に塚本さんが到着しており、準備を済ませ一緒にサーフへ。

東の空が静かに色付き始め、防潮堤から薄暗いサーフを見下ろすとぽつぽつ先行者の姿。

それを横目に塚本さんと足波を揃え向かうのは昨日グチが離れなかったエリア。

ポイントに到着すると地元アングラーのヌタイさんが先にエントリーされていて、状況を聞くとまだ生命感が無いとの返答でしたが、並んで投げさせてもらうことに。

P1160045

冬の澄んだ空気に水平線から神々しく朝陽が差し、穏やかな海をオレンジに染める。

その美しさから勝手に「今日は何か起きそう」と毎度ながら期待させられる。

そんな朝マズメ、早くもヌタイさんからベイトの反応があったとの知らせを受け時合い突入!?

全神経を集中させボトムを細かく探っていたバイブが何かに襲われ、強い衝撃と同時にドラグが鳴り響く!

しかし数メートル走った後、ボトムに張り付いた・・・

強引にボトムから引き剥がすとロッドから伝わるパタパタ感・・・

一瞬でもニベと思った自分に思わず苦笑い(笑)

P1160048

いつもなら朝のウォーミングアップとか言うけど、今回は遠征の終了を感じました。

それから駐車場へ戻る方向に北をランガン

途中、グチの群れを見つけたが、何の反応も得られないままタイムアップを迎えた。

「今シーズンもやりきった!」

防潮堤から日向灘を見渡し、一礼。

P1160050


数々のドラマを生んだ今季の日向灘。

振り返ると小黒さんと出会い、沢山のオオニベ師達とリンクさせてもらった。

そこでそれぞれの想いを語っては沢山のアバイスを受け、漸く辿り着いた夢のカケラ。

アタリ年と賑わった今シーズンであっても、やはりウン百人と並ぶアングラーの中で夢を手に出来るのはほんの一握りで、それは決して運だけでは成立しないという厳しい現実も目の当たりにした。

そして仲間を通じまた違った角度からオオニベ釣りの魅力を発見したし、新たな目標も出来ました。

来シーズンも夢の続きを追い求め、宮崎サーフに通おうと思います。

サーフでお会いした皆様、本当にありがとうございました!

このページのトップヘ