鱸道

カテゴリ:有明鱸

7月は何かとイベント事が多く、やっとPCの前で焼酎チビチビやりながらチルタイム

さて

この前の連休は連日36度を超える猛暑の中、筑後川デイゲームへ

Xデーが来るとすればココだと半年前からツバを付けてた潮回り

前日からボイルも出て良さげな状況との情報を受け、その夜はなかなか寝付けなかったっけ(笑)

久留米入りしてから志水さんと待ち合わせ

筑後川のエツパターンをやる上で生命線となるポカリを5、6本調達し、ポイントへ急行

そんでポイントに着くや否や準備を済ませ、実釣開始!

P7140620

テナガエビ〜

P7140618

違うか(笑)

時合いまでの暇つぶしにいいよってやってたけど、シーバスの時合い逃してしまいそうになるくらいガチおもろっす。

そんなこんな遊んでるうちに、ぼちぼち良い感じの潮位に

ボイルも出だした。

が、サヨリとの混合ベイトのようで決まった箇所で一発出てはすぐに沈むサヨリボイルに悪戦苦闘・・・

因みにエツに出るボイルは、バフッ!バフッ!バフッ!バフッ!ってな感じで連発して出ます。

そんな状況下でもしっかりトップでブリブリの有明鱸を仕留めた松永さん

P7140621

お見事でした!

この後、日没間際に僕も古賀さんのトップで水面爆発するもエラ洗いで一発フックアウト (> <)

まあ明日もあるからとこの時は笑っていたのだが、翌日・・・

益々渋いのなんの!

この暑さの中、ガッチガチヘビーの11ftで50gをフルキャストし続けノーバイトは流石に堪えるっす。

しかし魚はそこに居るのだ。

夕マズメのラストチャンス

ここは一旦トップを諦め、まずは1本キャッチしようとボトム狙いに変更し、以前良い思いをしたサンドバー周辺をバイブで探っていくと

ゴチン!

ブチ曲がるロッドと引き出されるドラグに思わず笑みが溢れたが、何か変な掛かり方しとる〜

思った通りフックはお腹の辺りに・・・

P7150624

(松永さんランディング & 写真ありがとうございました)

う〜ん、良い魚でしたが残念

次はその大きなおくちでしっかりア〜ンしてきておくれ〜

P7150626

このコを上げた時、15cmくらいのエツをボロボロ吐き出してたからエツはしっかり食っとるんやけどなぁ

また新たな課題が出来た遠征となりました・・・

今回も一緒に遊んで下さった皆さん、ありがとうございました!

またひょっこり遊びに行きます^^



Tackle Data
Rod : Foojin'R ROCK&STORM 110H 
Reel : 12 Vanquish 4000XG
Lure :  EXSENCE Salvage Solid  85ES

夏の足音が聞こえてくると、気になってしょうがないのが筑後川の御当地パターン

「エツパターン」

産卵期を迎え川を遡上してくるニシン目・カタクチイワシ科に分類されこの海域のみに生息する「エツ」を追って、真昼間に鱸が水柱を立てて捕食する。

その鱸もまた有明海で進化を遂げた固有種「有明鱸」で、それを白昼トップで狙えるっていう全てがここにしかないアトラクティブな釣りなのだ。


今年は例年より早く梅雨入りした北部九州やけど、空梅雨で大堰からの流量も乏しくこの日も流れはトロトロ・・・

状況的にまあ厳しい感じ

それでもモチベーション保て投げ続けれるのは、毎度一緒に遊んで下さる地元エキスパートのオジサマ達のお陰!

そして唐突に訪れた夕方一瞬の時合いに運良く単発ボイルをものにし、今季初モノ頂きました〜 ^^

P6030220

(志水さん、ランディング & 写真ありがとうございました)

サイズも満足 ♪

P6030215

フックはちょいと開いちょったけど

P6030224

今年も会えて良かった〜^^

P6030222

まだまだシーズン走りの安定しないボイルやけど、これから夏本番が楽しみで仕方ない!



Tackle Data
Rod : VARIANT REXEATER 9.9
Reel : 12 Vanquish 4000XG
Lure : HARDCORE®︎ HEAVY SHOT (S) 105

松永さんから事前に情報頂いており、状況は決してよろしくないと承知しとりましたが

地形もだいぶ変わったやろうし取り敢えず行ってみようと、お隣り福岡県へプチ遠征

その道中、川沿いは護岸が抉られ道路が陥没・・・

橋は流され流木が散乱し、土砂崩れ・・・

豪雨の爪痕が至る所で目に余り、心痛みました。

九州北部豪雨で犠牲になられた方のご冥福をお祈りすると共に、被災地の1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。


目的地の筑後川も大堰からはドチャ濁りの水が吐き出され、ここでも豪雨の悲惨さを思い知らされる・・・
 
0571296c

現場で久しぶりにお会いした吉岡さんと暫くご一緒させて頂いたが、案の定ノーバイト

地元エキスパート陣が皆口を揃えて言うのは

「今年はエツはおるっちゃけど、鱸が少なかとよ」

と、落胆の言葉ばかりでした・・・

しかし、この大雨で堆積してた泥が押し流され中流域のボトムは本来の姿を取り戻していたので、これからに期待ということで帰路に着き、夜は癒しを求めてホームに浸かった。

P7100116

珍しく人も少ないし、今夜はミノーしか投げん!とか言いつつ

P7100114

BB挟んで

P7110126

少しサイズダウンからの

P7110135

やっぱりバイブ(笑)

P7110145

終盤セイゴのポロリばっかやったけど、遠征完ホゲのキズは癒されました ♪

P7110149

でもやっぱり・・・筑後の鱸が釣りたいとよ (´ε` )


Tackle Data
Rod : Shibumi IS-90ML
Reel : 13 CERTATE 2510PE-H
Lure : komomo 110 SSP
          RADAMINNOW 114
          Slice 55  

週末は思いつきで日帰りプチ遠征

現場でお会いした地元の方の情報通り、纏まった降雨がなく渋〜い状況でした・・・

それでもベイトはしっかり入ってて、度々それを白鷺が捕食しよんのを目にする川幅がギュッと絞られた流れの速い一級ポイント

ワームがセオリーのポイントやけど、意味不明なルアーマンの矜持でバイブを手に取り

ゆっくりリフト & フォールで流してゆくと

ゴチン!!!

P6100051

ここではセイゴと呼ばれてますが(笑)ムッキムキの有明鱸とご対面 ♪

P6100046

梅雨らしくない日々が続いちょんけど

あ〜夏が楽しみばい ♪ 



Tackle Data
Rod : Foojin'R ROCK&STORM 110H
Reel : 12 Vanquish 4000XG 
Lure : Mar Amigo

梅雨も明けいよいよ夏本番!

それに伴い、このまま纏まった雨が無ければ筑後川名物「エツボイル」もそろそろ終盤です。

その兆しかこの日は前回と打って変わってボイルもなく静まり返ってたけど、沈み根周りをトップしつこく引いて

バッコーン!

とド派手に水飛沫上げバイトしてきたムキムキの有明鱸 

P7210503

こういう時はアンダーが手堅いけどやっぱトップで釣りたいよね〜

サイズは70前半・・・ここでは所謂セイゴです(笑)


翌日、ポイントに到着すると松永さんの姿があり「もうボイル出とうよ」とのことで、今か今かと待ちわびながらエントリー潮位まで待ってキャスト開始!

早速一投目から水面割って出るけどルアー吹っ飛ばされるだけでフッキングには至らず・・・

次のキャストで出来るだけゆっくり見せて

バフォッ!

P7220002

昨日の状況からして時合いは短いと読み、写真も雑です(笑)

すぐに次のキャストで水飛沫が上がるものらず・・・のらず・・・のらず・・・

で、やっともう一本追加

P7220005

足下で抜けたのは結構デカかったな・・・

そしてものの30分、ボイル祭りはあっという間に終了〜

途中から参戦した吉岡さんはアレヨアレヨと3本キャッチしてたし、地元エキスパートのおじさま達も全員安打やったんやないかな。

流石っす!

そこから中だるみの時間をアンダーで攻めセイゴ

P7230011

夕方の喰わない単発ボイルを吉岡さんの新作ペンシルで何とか攻略し

P7220010

今シーズン恐らく最後となる一尾にありつけました。


ここにしかない釣りに、ここにしかない鱸。

そしてお会いする度、気さくに声掛けて下さる地元エキスパートのおじさま方の人柄。

その全ての魅力がギュッと詰まった夏の筑後川が大好き!

また来シーズンが楽しみです^^



Tackle Data
Rod : Foojin'R ROCK&STORM 110H
Reel : 12 Vanquish 4000XG 
Lure : SALT GARAGE ハンドメイドペンシル
          Metal Master 28g(SALT GARAGEチューン)

このページのトップヘ